我が家のバレリーナ

たちばなし  No.78



こうさんのひとり言



チューリップ



我が家の「バレリーナ」は、時期が過ぎていて少し歳がいってしまっています。
しかし、その名に恥じないように、茎はしっかりしていてまだシャキッとしています。
そうです。
「バレリーナ」とは、上の写真にあるオレンジ色のチューリップのことです。


どうです、この長く美しい脚。
その脚の上部には、バレリーナの衣装を連想させる美しいオレンジの花が、スーッと空に向かって背筋を伸ばしています。
なんて美しい立ち姿なのでしょう。
まさしくバレリーナです。




その昔、チューリップは美しすぎるがゆえに、匂いなどいらないと消し去られてしまったそうです。
だからチューリップには匂いがない。


ところがこの「バレリーナ」というチューリップには匂いが残されています。
少し甘い感じのよい香りがします。


それにしても人間というのは惨いことをしますね。
花の美しさがあればよい、
匂いなどいらないと消し去ってしまうのですから。


人間なら、あなたはその美貌があるから声なんていらないでしょ、といって声帯を切除してしまうようなものです。


しかし花もひとも、その美しさやその良さは見た目だけではないはずです。
この花と言えば、この香り。
このひとと言えば、この声。
なんていうことだって立派にアイデンティティなのですから。


花ならば、色や紋様、大きさ、香りなどを含めた佇まいがその花を個性であるはずです。
これを人間の都合で削ぎ落してしまうのは、あまりにも常軌を逸した行動ではないかと思えてなりません。




我が家の庭にはほかの種類のチューリップも咲いていましたが、その中でもこの「バレリーナ」が一番最後まで楽しませてくれています。




ところで、このチューリップ、細い一本足での立ち姿を見て「フラミンゴ」と名付けようとは思わなかったのでしょうか。


調べてみると、「フラミンゴパーロット」という品種がすでにあるようです。どちらが先に命名されたのか定かではありませんが、既に存在していたから諦めたのかもしれません。


でもこのチューリップには、「フラミンゴ」より「バレリーナ」の方が100倍も似合っています。
バレリーナという音の響きと合わせて、そのイメージからくる気品や秀麗さまで感じさせます。どなたが名付けられたのか知りませんが、その方に脱帽です。




その我が家の「バレリーナ」の季節も、あと少しで終幕を迎えます。
つぎの開幕を待っているのは、妖艶な薔薇たちです。




ブログランキング参加

温かいご声援をありがとうございます
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

こうさん

Author:こうさん
バイク、旅、街歩き、キャンプ、読書、映画、そして一杯のcoffeeを愛するふつうのオヤジ

YouTube [ kou san ぽんこつライダー ]
Blob [ tatibanasi.jp ]
Twitter [ @kousanTW ]
Instagram [ sankou603 ]

温かいご声援を有難うございます。ポッチしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

たちばなし

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR