星でも見てみよう

たちばなしNo.47

たちばなし



こうさんのひとり言



天気がよいので久しぶりに夜空でも見上げてみようと、突如思った。
我が家の空は街の灯でいつも明るい。
星を見るには明るすぎる。

グラス片手に、10年ほど前に書店で買った星座早見盤を携えてテラスに出てみた。
地上から3分の1ほどは白くかすんだようになっている。
その上は暗いが、どうも巻層雲のような雲がうっすらとかかっているようだ。
いつもの晴れた日なら、目の悪い自分にも南の空に5,6個は見つけられるのだが。
それが今日はまったく見えない。

諦めかけて、右手に持ったハイボールのグラス傾けた時、天頂付近にかすかな光をとらえた。
じっと目を凝らして見つめると、やはり光っていた。
あの星はなんだ?
一つだけ見えているということは、相当明るい星か、それともあの部分だけ雲が切れているのか。
しばらく眺めていたら首が痛くなってきた。
やはり星を見るときは背もたれが倒れる椅子がいるな、という結論に達し、わずか10分ほどで退散した。

部屋に戻って、改めて星座早見盤でその星を確認した。
おっ、あれは「しし座の一等星レグルスじゃないか?
レグルスという星はよく知らないが、偶然にも「しし座」は自分の星座である。

それだけでのことで、謎のレグルスやしし座のことに興味が湧いてきた。
そういえば昔買った星座の本がどこかに眠っているはずだ。
あまり読まない本は邪魔なので箱の中にしまってある。
その宝の箱を何年かぶりに開けてそれを探す。
箱の底の方にお眠りになっていた。
久しぶりに日の目を見た「四季の星座ガイド」。
しし座の項目を探す。

これによるとレグルスは、
しし、つまりライオンの心臓に当たる星で、
小さな王様」という意味があるらしい。
そうか、自分が先ほど見たのは心臓だったのか。
でも心臓だけ見てもどうもピンとこない。
やはり、ししそのものを見てみたいものだ。

このしし座にまつわる話はこうだ。

このライオンは人食いライオン。
皮膚は鉄より硬い。
・・・ロボットライオンか?
そのため誰一人としてこのライオンを退治できるものは現れなかった。
ところが、これに英雄ヘルクレス、
・・・なんか聞いたことがあるぞ!
この英雄が挑んだ。
ところが弓はことごとく跳ね返された。
・・・当たり前だ!皮膚は鉄より硬いんだ。相手はロボットだぞ!
そこで、次にこん棒で立ち向かった。
・・・おいおい、どこまで無知なんだ。ロボットだぞ!
ついに素手で立ち向かった。
・・・???。
大格闘の末、三日三晩かかって人食いライオンの息の根を止めた。
・・・よく勝てたねえ。いったいどんな技を使ったんだ?

こんな突っ込みを入れたくなるほど、神話は突き抜けていて面白い。
船乗りたちが暇に任せて考えたのだろうか。
これなら一度聞けば「しし座」のこと、忘れないように思う。
こうしていくつもの話が生まれ、たくさんの星座の見方を身に付けていったのかもしれない。

しし座は、春の代表的な星座だそうだ。
誕生日は夏なのだけれど、どうして春の星座なんだろうと単純に思った。

しし座は、東の空から昇るときはたてがみをなびかせて雄姿を見せつける。
しかし、西の空に沈んでいくときはヘルクレスに退治され、頭を垂れて消えていく。

なるほど!
うまくできている。
オチまで完璧だ。

ちなみに本日のしし座の運勢はと・・

「いずれ苦しみは終わる」

なんだってエー

星なんて見なければよかった。



ブログランキングに参加しています。
拍手をありがとうございます。
励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

こうさん

Author:こうさん
バイク、旅、街歩き、キャンプ、読書、映画、そして一杯のcoffeeを愛するふつうのオヤジ

YouTube [ kou san ぽんこつライダー ]
Blob [ tatibanasi.jp ]
Twitter [ @kousanTW ]
Instagram [ sankou603 ]

温かいご声援を有難うございます。ポッチしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

たちばなし

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR